社会福祉法人 愛光福祉会|理念・方針

総合TOP > 理念・方針

理念・方針

〜Jiyu no Hoshi spirit is on my mind〜

自由の星に 生まれた 子どもたちへ
国境や民族の違いなんてないんだよ
宗教や主義なんて
みんな同じことをいっているのさ
地域や 風土や 風習 なんてことは
取るに足らない小さなことさ

だから闘い争って
勝ったり 負けたり してはいけないんだよ

大人ときみたちの
経験や年齢の差なんて何もないのだよ
この星が誕生してからの 歴史を思えば
一片の木の葉のようなものさ

不自由な子も 男の子も 女の子も
違いは何もないのさ
それはやがて愛し合い 癒しあい 分かりあうからさ

大切なのは
勇気を出すこと 謝ること 分かりあおうとすること
思いやること 誠実であること 信じること
純粋に生きること 愛すること

そして 昨日の君が明日何をはじめるかだよ

自由の星で君に会えてよかった

いつまでも 共に生きよう

保育園の理念

  • 私たちは、園児の「自律」と「自立」を目的として、保育、教育、児童福祉を行ないます。
  • 施設活動のキーワードは「やさしさ」「安心」「信頼」とします。
  • 子どもに生きる力を、ご家族(利用者)に安心を、育つ場所に笑顔を。
  • 私たちは、地域における子育ての核たる場として役割を担い、子ども、親(利用者)、職員が育ちあう 「保育」「教育」「児童福祉」の提供に努めます。
  • 私たちは、地域における子育ての拠点としての自覚のもとに、育ちゆくいのちと共に歩む「保育」「教育」「児童福祉」 の提供に努めます。
  • 社会人としての良識と教養、品格を有し、人間愛に満ちた施設職員を教育します。

保育園の方針

  • いつも笑顔がある環境を創ります。
  • 一人ひとりの子どもを大切にします。
  • 「子ども」「親(保護者)」「職員」が共に育ち合う気持ちを持ち続けます。
  • 礼儀やマナー、社会のルール、道徳心(モラルセンス)そして<あたりまえだけどとても大切なこと>を重要に考え、人を思いやる心、自分を大切にする心、子どもの個性が育つように「親(利用者)」「職員」は共に考え、模範となるよう実行します。
  • 楽しく安全なおいしい食事を提供します。
  • 社会への貢献を通じて理解と信頼の輪を広げます。
  • 人間愛あふれる保育スタッフ(職員)を教育します。
  • 社会人、プロフェッショナルな仕事人としての常識、守るべき道徳を保育施設スタッフ(職員)に教育します。
愛光福祉会

ページのTOPへ戻る